世界で一番話されている言語である中国語の翻訳を依頼するために

メモをとる女性

翻訳家になるなら無駄を省きましょう

中国の国旗

翻訳家の仕事は免許制ではありませんから、名乗ったその日から活動することは現実的に可能です。実際問題として実力がなければ顧客からの依頼が舞い込まないので、翻訳家の多くは勉強を重ねてからデビューします。資格試験に挑戦するよりも、翻訳家にとって何が必要なのかを考えて勉強しましょう。第一に英語のリスニングとスピーキングの勉強は、翻訳家の仕事だけに集中する予定ならば必要ありません。
文章を読み解くことに何日も費やす作業が日常茶飯事ですから、リーディングの実力を高めないことには何も始まりません。途中でリスニングなど翻訳で発生しない作業に集中してはならないのは、プロが覚えるべき英単語の数を考えると納得できます。結論から言ってしまうと、最低でも3万語は必要であり収入を増やすなら5万語が求められます。なおかつ英語の文章読解力とライティングの実力も問われますから、英会話に費やす時間は一瞬たりともないことは想像に難くないというわけです。
通訳など他の分野にも挑戦する予定がないなら、翻訳作業に特化した実力を磨きましょう。たとえば実務の傍らで語彙力を向上させるには毎日数時間は確保する必要があるので、余計なことに気を取られないように注意するべきです。

INFORMATION

  • 中国の国旗

    翻訳家になるなら無駄を省きましょう

    翻訳家の仕事は免許制ではありませんから、名乗ったその日から活動することは現実的に可能です。実際…

    »詳しく見る

  • ペンとノートを持った女性

    翻訳家を目指していました

    若いときには翻訳家を目指してました。海外の本を読みだすと、翻訳の仕方に疑問を感じることも多くな…

    »詳しく見る

  • 握手を求める女性

    翻訳会社を選ぶ時のポイント

    翻訳は英語を日本語にするなど通訳するようなもので違う国の人同士がコミュニケーションを取る時に必…

    »詳しく見る

  • 積まれた本

    翻訳家はコミュニケーション能力が大事!

    よく言われることですが、どんなに語学が堪能でもそれだけで翻訳家になることはほぼ不可能です。語学…

    »詳しく見る