世界で一番話されている言語である中国語の翻訳を依頼するために

メモをとる女性

翻訳家を目指していました

ペンとノートを持った女性

若いときには翻訳家を目指してました。海外の本を読みだすと、翻訳の仕方に疑問を感じることも多くなります。もともと英語がすきだったので、翻訳家を目指したことがあります。翻訳家を目指す人は、外国文学科や外国語学科の大学を出る人が大半だと思います。
家庭の事情で行くことができなかったので、通信の講座や専門学校の土曜の講座に通っていました。レベルがついていかず挫折しました。翻訳家は英語の読解力と同時に日本語の表現力、語彙力も要求されます。あの、村上春樹氏は翻訳家から小説家になっています。今でも自分の好きな小説家の本を翻訳して出されています。全てにおいて、天才の方なので、できることだと思います。また、海外の小説を翻訳する時には、向こうの考え方を理解していないと翻訳していても難しい部分があります。そう意味では海外子女や留学経験の人で日本語力に優れていれば、最適かもしれません。翻訳の仕方によって、原作の面白さが伝わるかどうかが変わってきます。小説に関しては、その小説家のファンの人が翻訳をするのがベストだと思います。たまに、翻訳の文章が全く面白くないときがあって、原作も本当に重しくない小説なのだろうかと思うときがあります。
翻訳は英語を日本語にするなど通訳するようなもので、違う国の人同士がコミニケーションを取る時に必要になってきます。いろいろな言語を話せれば翻訳は必要なくなるのですが、いろいろな言語を話せる人はそれほど多くはないので翻訳は必要になってきます。

INFORMATION

  • 中国の国旗

    翻訳家になるなら無駄を省きましょう

    翻訳家の仕事は免許制ではありませんから、名乗ったその日から活動することは現実的に可能です。実際…

    »詳しく見る

  • ペンとノートを持った女性

    翻訳家を目指していました

    若いときには翻訳家を目指してました。海外の本を読みだすと、翻訳の仕方に疑問を感じることも多くな…

    »詳しく見る

  • 握手を求める女性

    翻訳会社を選ぶ時のポイント

    翻訳は英語を日本語にするなど通訳するようなもので違う国の人同士がコミュニケーションを取る時に必…

    »詳しく見る

  • 積まれた本

    翻訳家はコミュニケーション能力が大事!

    よく言われることですが、どんなに語学が堪能でもそれだけで翻訳家になることはほぼ不可能です。語学…

    »詳しく見る